about-insomnia

いびきとは?

大きないびきをかいて寝ている人が周りに一人はいますよね?
時々かくいびきは問題ないかもしれませんが、慢性的ないびきは、少し深刻な症状を示している可能性があります。いびきが気になっている人は、「いびきを止める方法」もぜひチェックしてみてください。

いびきとは何でしょうか?

睡眠時の呼吸は静かなものですが、いびきは大きく、時に不快に感じるかもしれません。いびきをかく人は、呼吸をしつつも、振動するような音を立てます。

いびきは、男性に多く見られ、約24%の男性が定期的にいびきをかいていますが、いびきをかくのは男性だけではありません1

誰でも時々軽いいびきをかきますが、慢性化すると、パートナーの睡眠を妨げたり、自身の生活に大きな影響を与えます。ですから、その問題に対処することは、自身の健康にとっても、家族のためにも重要です。

いびきの兆候は、寝不足で目覚める、日中疲れている、イライラする、喉が乾いて痛むなどがあります。

また、夜にお酒を飲んだり、睡眠薬や鎮静剤をのむと、いびきをかきやすくなります。仰向けで寝たときだけいびきをかく人もいれば、どんな寝姿勢でもいびきをかく人もいます。

snoring_ruin_sleep

いびきに伴う健康リスク

いびきは、睡眠時に正しく呼吸ができていないサインです。眠りにつくと、口、舌、喉の筋肉が弛緩します。これらの筋肉がゆゆるみすぎて、気道が部分的に塞がったり、振動したりすると、いびきが発生します。 いびきは、閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)と呼ばれる睡眠障害と関連していることが多いです。

いびきに加えて、日中の過度の眠気、朝の頭痛、睡眠中のあえぎ声や息苦しさ、呼吸の停止が伴う場合は、次のステップを考慮するタイミングかもしれません。医師の診察や自宅での睡眠検査を受けることができます。いびきを放置しておくと、健康に影響を及ぼす可能性があります。いびきの原因を理解し、いびきを止める方法を学ぶことで、誰もが呼吸しやすく、眠りやすくなるでしょう。

いびきの原因や悪化させるもの6つ

Sleeping_on_your_back

仰向けで寝る

仰向けで寝ると、重力によって口や舌の弛緩した筋肉が後ろに倒れ、気道を制限してしまいます。

Shape_of_your_mouth

口元の形状

口の奥にある「口蓋垂(こうがいすい)」という組織が厚めの人や、扁桃腺やアデノイドが肥大している人は、いびきの原因になることがあります。

Being_Overtired

過労している

睡眠時間が短いことが続くと、やっと眠れたときに筋肉がよりリラックスしてしまい、それが一因となることもあります。

Blocked_nose

鼻詰まり

アレルギー、花粉症、風邪、インフルエンザなどで鼻が詰まり、気道が塞がれていびきをかくことがあります。また、慢性的な副鼻腔炎も原因となることがあります。

alcohol-1

飲酒

夜にお酒を飲むと、喉の奥の筋肉が弛緩するため、いびきをかきやすくなります。

medication-1

薬物療法

睡眠薬や鎮静剤を服用することも、いびきのリスクを高める可能性があります。

how-to-deal-with-insomnia (1)

いびきを止める方法

いびきの原因によって、対処の仕方は変わります。自分でできる簡単な対処法から試してみましょう。

いびきの種類

いびきは、睡眠中の空気の流れが制限されたり、遮断されたりすることによって引き起こされます。この

制限は、鼻、口、寝姿勢に問題がある場合、または複数の要因が重なって起こる場合とがあります。

問題がどこにあるのかを知ることは、ぐっすり眠り、すっきりと目覚めるためのよい解決策を見つける
助けになるでしょう。

  • 鼻いびき
  • 口いびき
  • 舌いびき
  • 喉いびき or 睡眠時無呼吸

鼻いびきは、鼻腔が部分的に塞がれることで発生します。

鼻のいびき音は、(a)常に大きな音が鳴り響く、(b)口笛のような音の間で変化します。 

アレルギー、副鼻腔炎、鼻ポリープ、鼻中隔偏位(鼻で呼吸するのが難しくなる)などが原因で起こることがあります。また、風邪も鼻づまりの原因になることがあります2

鼻づまりに関連する一般的なアレルギーは、ダニ、カビ、動物の毛、花粉などです3

いびきを止める方法

Nasal-snoring

口いびきの人は、鼻の穴が詰まっていることが多いので、寝ているときに口呼吸になりがちです。そのため、口の中の軟らかい組織が振動し、低い音が鳴るのです。また、扁桃腺が肥大していることも、口いびきの原因です4

口いびきは、呼吸した空気が鼻でろ過されないため、時に感染症につながることがあります。

Mouth-snoring

舌いびきの人は、一貫性のない高音で簡単に見分けることができます。

このタイプのいびきは、舌がリラックスしすぎるために起こります。この場合、舌が喉の奥に落ち込み、空気の流れを妨げることがあります5

舌のいびきは、お酒を飲んだり、睡眠薬を使ったりすると起こりやすいと言われています。また、太り過ぎは気道の周りに脂肪組織が多くなるため、リスクが高まります6

舌のいびきを止めるには、寝ている間にマウスガードを使用するのが効果的です。

口と舌のいびきは、どちらも仰向けで寝ると悪化する傾向があるので、仰向けで寝ないようにするための工夫をすることも有効です 7

Tongue-snoring

のどのいびきは、いびきの中で最も大きな音とされます。

のどのいびきは睡眠時無呼吸症候群が原因で、夜間に何度も呼吸が止まることがあります。

どのような寝姿勢でも起こる可能性があります。喉の筋肉や組織が非常に弛緩し、喉が潰れ、空気が肺に通らなくなります。 

Throat-snoring

鼻いびき

swipe-img

鼻いびきは、鼻腔が部分的に塞がれることで発生します。

鼻のいびき音は、(a)常に大きな音が鳴り響く、(b)口笛のような音の間で変化します。 

アレルギー、副鼻腔炎、鼻ポリープ、鼻中隔偏位(鼻で呼吸するのが難しくなる)などが原因で起こることがあります。また、風邪も鼻づまりの原因になることがあります2

鼻づまりに関連する一般的なアレルギーは、ダニ、カビ、動物の毛、花粉などです3

いびきを止める方法

Nasal-snoring

口いびき

swipe-img

口いびきの人は、鼻の穴が詰まっていることが多いので、寝ているときに口呼吸になりがちです。そのため、口の中の軟らかい組織が振動し、低い音が鳴るのです。また、扁桃腺が肥大していることも、口いびきの原因です4

口いびきは、呼吸した空気が鼻でろ過されないため、時に感染症につながることがあります。

Mouth-snoring

舌いびき

swipe-img

舌いびきの人は、一貫性のない高音で簡単に見分けることができます。

このタイプのいびきは、舌がリラックスしすぎるために起こります。この場合、舌が喉の奥に落ち込み、空気の流れを妨げることがあります5

舌のいびきは、お酒を飲んだり、睡眠薬を使ったりすると起こりやすいと言われています。また、太り過ぎは気道の周りに脂肪組織が多くなるため、リスクが高まります6

舌のいびきを止めるには、寝ている間にマウスガードを使用するのが効果的です。

口と舌のいびきは、どちらも仰向けで寝ると悪化する傾向があるので、仰向けで寝ないようにするための工夫をすることも有効です 7

Tongue-snoring

喉いびき or 睡眠時無呼吸

swipe-img

のどのいびきは、いびきの中で最も大きな音とされます。

のどのいびきは睡眠時無呼吸症候群が原因で、夜間に何度も呼吸が止まることがあります。

どのような寝姿勢でも起こる可能性があります。喉の筋肉や組織が非常に弛緩し、喉が潰れ、空気が肺に通らなくなります。 

Throat-snoring
myNight
myNight™ アプリ

myNightで睡眠を記録しよう

新しいmyNightアプリは、睡眠を記録し、把握することができます。最高の目覚めで一日を始めるために、今夜から使ってみませんか。