目覚める、最高なジブン。レスメドのスリープスポットは睡眠の専門サイトです。✆ 03-5829-4461

睡眠とダイエット

よい睡眠と健康的な体重は、互いに関連しています。よく眠れた後はより多くのエネルギーが得られ、運動がしやすくなり、健康的な食事へのモチベーションも上がります。 質のよい睡眠をとることは、長い目で見るとダイエットの問題解決にもつながります。1

睡眠は体重にどう影響する?

昨今では毎週のように「余分な体重を簡単かつ完璧に落とす方法」や、いかにも効果がありそうな科学的プログラムが世に出てきますね。

 

でも残念ながら、現代の忙しい生活で健康的な食事を摂り、さらに運動の時間を十分に取ることは難しくなっています。そして体型をキープし健康でいるためには、定期的な運動や栄養バランスのとれた食事だけでなく、質のよい睡眠をとることも意識しなければ効果が半減してしまうのです。

睡眠で作られるエネルギー

質のよい睡眠は、一日を通しスムーズに過ごすことができるエネルギーを与えてくれます。

 

よく眠れた翌日は、よく眠れなかった日に比べ多くのエネルギーを得られます。このため、より活発に運動でき、リフレッシュした状態になり、疲れている時よりも食事に対して自分自身をコントロールできるようになります。

質の低い睡眠で代謝が低下

研究によると、一晩睡眠の質が低かっただけで代謝が落ち食欲が増す2 という二つの現象がおきることが分かっています。代謝が落ちると食べ物からのエネルギーは効果的に処理されず、また食欲が増えたことで食べ過ぎになりがちです。最終的に、体重が増える可能性はずっと高くなるのです。

3つのポイント

数年前にオタゴ大学の研究者が行った調査では、子供の肥満の主な原因は睡眠不足であるという結果が出されました3。 大人になっても睡眠不足が同じように影響することは想像に難しくありません。こうしたリスクを避けるためにも、今すぐ適切な睡眠をとることがとても大事ですね。

 

質のよい睡眠と健康的な食事の習慣を身に着け体型を保つことは簡単ではありません。ここでポイントをいくつか紹介します。

    • 睡眠スケジュールを記録する-必要な睡眠時間、7時間を確保できていますか? 7時間寝ても気力が出なければ、もっと長い睡眠や睡眠の質の改善が必要かもしれません。
 
    • 常に運動を意識する-一駅分や近所を少し歩くだけでも、その活動で睡眠の質を上げることができます。
 
    • 食事を健康的なものに-バランスのよい食事を保ちましょう。より多くのエネルギーを得て、運動がしやすくなり、最終的に本当に必要なよい睡眠を得られるようになります。

睡眠セルフチェックを活用

睡眠がなかなか改善しない場合、睡眠時無呼吸などの睡眠障害を抱えている可能性があります。体重過多は睡眠時無呼吸を招くリスクであり、睡眠の質を落とし、さらに体重が増えるいう悪循環につながることもあります。 気になることがあったら、睡眠セルフチェック(無料) を受けてみましょう。

人気の記事

ちゃんと寝てるはずなんだけど...

いびきが気になる、日中も眠くて活力がない…など、睡眠に関してお悩みですか? まずは簡単なセルフチェックをして、自身の睡眠について学びましょう。 また睡眠について聞いてみたいことなど、お気軽にレスメドのおはようコーチ*までご連絡ください。
※「レスメドおはようコーチ」は、睡眠の健康についてのトレーニングを受けた販売・カスタマーサービス担当者です。睡眠の健康、睡眠障害、睡眠の改善に役立つ製品等、睡眠に関する一般的な情報を提供できますが、資格を持つ医療専門家ではないため、医学的なアドバイスを提供することはできません。何らかの症状や懸念事項がある場合には、ご自身のご判断で、引き続き医師にご相談されてもよいかもしれません。