睡眠とストレス

人間関係、家族、金銭的なこと、そして仕事は、長期的な悩みの種になることが多いですよね。

仕事は私たちの最大のストレス要因の一つであり、日本では半数以上の社員が “燃え尽き症候群 “を経験しているという調査結果もあります1

仕事のストレスを感じたことがあれば、ある問題を思い患いながら、スイッチを切り替えて眠りにつくことの難しさを知っていますよね。

このようにストレスは睡眠に大きな影響を与えます。ストレスが質の高い睡眠を妨げてしまうだけでなく、睡眠の質と量が低下すると感じるストレスが増加する、という調査結果も出ています2

理想的な質のよい眠りは、一日を通して多くの利益をもたらします。気分、聞き取り、洞察力、集中力、意思決定が向上します3

また質の高い睡眠をとると、夢を見ている間に、脳は問題解決の手助けをしてくれることもあります4。そうなると、目を覚ましたとき、悩まされていた厄介な仕事の問題に、新たなアプローチができるかもしれません。

ストレスと睡眠の関係

レスメド 睡眠コラム 不眠症 


ストレスは、体を覚醒させ、警戒心を抱かせることで睡眠に影響を与えます。

またストレスは、体が修復され回復する時間である深い眠りの時間を制限してしまう可能性もあります5。同時に、十分な睡眠がとれていないと、体はストレスホルモンを増加させることで反応します6

睡眠はストレスに対する、最良の解毒剤のひとつなのです。

ほとんどの成人は毎晩7時間から9時間の睡眠が必要です7。疲れていると、我慢がきかなくなり、興奮しやすくなり、ストレスが増えます8

ストレス解消法5つ

ここではストレスを軽減し、睡眠時間を増やすための5つの秘訣を紹介します。

睡眠コラム 睡眠とストレス


1.休憩を取る

ストレス解消に必要なのは、定期的に休憩をとってリラックスし、頭の中を整理することで、ワークライフバランスを整えることです。

これは、毎日職場から離れ、ランチを食べに行ったり、社交的になったり、散歩に出かけたりする時間を確保することと同じくらい簡単なことかもしれません。

ウェルビーイングは重要であり、生産性を高めるために不可欠です。

数日でも数週間でも、定期的に休暇を取る時間を作れば、燃え尽き症候群を回避し、リフレッシュして仕事に打ち込めるようになります。

オランダの研究者によるある研究では、休暇を計画するという単純な行為が、一時的に幸福感を高めるという結果も出ています8

2.寝る前の習慣をつける

バスボムを使って熱いお風呂に入ったり、ハーブティーを用意して本を読んだり、正しい方法で体を休めることが大切です。

電子機器の電源を切り、睡眠に適した環境を整えるのもよいでしょう。

3.瞑想を学ぶ

マインドフルネスは思考回路を変えるので、仕事の悩みがあっても、それを忘れるには、他のことに意識を切り替えるのが一番です。

呼吸法を試してみたり、一日の仕事のハイライトや感謝していることを積極的に挙げてみたり、または退屈なことを考えてみるのもよいかもしれません。

羊の数を数えると眠りにつけるという昔からの言い伝えは、理由があってのことなのですね。

4.ワークアウト

運動はストレス解消に効果的ですが、日々の健康維持にも欠かせません。

毎日の生活にもっと運動を取り入れれば、1日の終わりを締めくくるのにどれほど効果的か、すぐに実感できるでしょう。

5.健康的な食生活を送る

残業が続くと、ついついテイクアウトの食事や炭水化物を多く含む料理を食べてしまい、夜更かしにつながります。

夕食は就寝の時間帯より前に摂るようにし、野菜や健康的な食品を積極的に摂るようにしましょう。

生活習慣を少し変えるだけで、安眠を得て、悩みを解決できるようになり、大きな違いが生まれます。

きちんと休憩を取り、日課を守るようにし、健康的な食事と運動を心がけることを忘れなければ、きっと仕事のお悩みを軽くしていけるでしょう!

  • There are no suggestions because the search field is empty.

人気の記事

ちゃんと寝てるはずなんだけど...

いびきが気になる、日中も眠くて活力がない…など、睡眠に関してお悩みですか? まずは簡単なセルフチェックをして、自身の睡眠について学びましょう。 また睡眠について聞いてみたいことなど、お気軽にレスメドのおはようコーチ*までご連絡ください。

睡眠セルフチェック おはようコーチに相談

※「レスメドおはようコーチ」は、睡眠の健康についてのトレーニングを受けた販売・カスタマーサービス担当者です。睡眠の健康、睡眠障害、睡眠の改善に役立つ製品等、睡眠に関する一般的な情報を提供できますが、資格を持つ医療専門家ではないため、医学的なアドバイスを提供することはできません。何らかの症状や懸念事項がある場合には、ご自身のご判断で、引き続き医師にご相談されてもよいかもしれません。

記事を読む

熟睡するためのコツ。 寝室を最適化する 5つの方法

家の中で最も大切な場所ってどこでしょうか?キッチン?お風呂?いいえ、違います、寝室です! 寝室は1日の始まりと終わりを迎える場所であり、睡眠をとってしっかり休息し、明日への活力を養う場所でなくてはいけ

Read More »

どうして睡眠は重要なの?

人生は楽しむべきものですよね? ソーシャルメディアに夢中になったり、家族と過ごしたり、パーティーに出席して友人と話したり。 私たちの優先順位のリストにはこれらがすべて載っていますよね。そのエネルギー源

Read More »

睡眠の質は 加齢とともに悪くなる?

年齢を重ねると、だんだんと睡眠の質は下がってしまうもの、と思っていませんか。 満足感の高い睡眠を諦める必要はありません。年齢を重ねても、十分な睡眠をとり、健康に過ごすことは可能です。 年齢を重ねるにつ

Read More »