音楽の助けを借りよう

皆さんも、音楽を聴きながら、うとうとしたことがありますよね。

深い眠りに落ちるために、積極的に音楽の助けを借りてみましょう。


これは新しいことではなく、何百年も前から、人は心身を落ち着かせるために音楽を利用してきました。ですが、睡眠に対する音楽の効果がほんもので、純粋に精神的な効果だけではないという証拠が確認されたのは、ほんの最近のことなのです。

新型コロナウイルス感染症が流行し、睡眠がこれほど重要視されたことはかつてありません。
けれども、以前にも増して就寝時間は遅くなり、睡眠の状態が悪くなっています。

多くの人が睡眠の問題を解決するための方法をチェックしているというよいニュースもあります。音楽を聴くことは、最も人気のある方法の1つにもなっています。それが、今年YouTubeやSpotifyで眠りのための音楽の人気が大きく上昇した理由の説明となるかもしれません。

 

よく引用される研究では1、睡眠に問題がある90名余りの学生を3つのグループに分けました。あるグループにはクラシック音楽を聴かせ、別のグループにはオーディオブックで本のテキストを読み聴かせ、3つ目のグループには何もしませんでした。

その結果によると、音楽を聴いた35名の学生のうち30名がよく眠れるようになったのと比べて、オーディオブックを使用した30名では9名だけだったということです。残りのグループは対照群で、変化がありませんでした1。その他の数件の研究でも、音楽が被験者の睡眠の改善に役立つことが証明されています2

今になってこのような事実に気づくのは不思議に思えるかもしれませんが、さほど驚くことではありません。ウエルネス、マインドフルネス、睡眠健康などの考え方が一般的になったのは、ここ数年のことなのです。

10年前なら、このような突拍子もないことを考える人は少数派だったでしょう。睡眠に対する人々の気持ちの持ち方についても同じことが言えるかもしれません。残念なのは、これらのことを理解するのにとても時間がかかったということです。

 

さて、音楽をガンガン流して大音量でビートを鳴らす前に注意があります。
それは、すべての音楽が気持ちを落ち着かせて、夜に熟睡させてくれるわけではないということです。

研究者たちは1分間に約60拍(bpm)のテンポの音楽が最も大きな影響を及ぼすと言っています。彼らによると、このテンポは、最も睡眠に寄与することが知られている60 bpmの安静時心拍数に一致するように働きかけるから、ということです2

最高にくつろげると言われる歌が、注意深く構成されたリズムや音とともに60 bpmのテンポで始まるのは、偶然の一致ではありません。

かつて2016年に、イギリスのMarconi Unionというバンドが臨床睡眠療法士と協働して「Weightless」というタイトルの歌を作りました。その目的は、リスナーのストレス度だけでなく心拍数を減少させることでした。比較的ゆっくりした心拍数が、私たちを「闘争か逃走」モードから、目覚める可能性が低い「安静と消化」モードへと導きます。

 

音楽は主観的なものですが、歌が科学的に作られて、他の睡眠補助薬と同様に睡眠障害に対する効果を持つような未来がきっとくることでしょう。

けれども、その時までは、気持ちが落ち着く音楽のプレイリストを、時間をかけて見つけていきましょう。夜ぐっすり眠れるのなら、そんなに大変な仕事ではありませんよね。

音楽は、睡眠障害がある人に対して驚くべき効果を発揮する場合があります。
それでもやはり、音楽では単純に解決できない他の睡眠の問題がある、と認識することは大切です。

音楽の好みのように、自分の睡眠について理解し、自分にとって、何が効果的で何がそうでないのかを知る必要があります。

  • There are no suggestions because the search field is empty.

人気の記事

ちゃんと寝てるはずなんだけど...

いびきが気になる、日中も眠くて活力がない…など、睡眠に関してお悩みですか? まずは簡単なセルフチェックをして、自身の睡眠について学びましょう。 また睡眠について聞いてみたいことなど、お気軽にレスメドのおはようコーチ*までご連絡ください。

睡眠セルフチェック おはようコーチに相談

※「レスメドおはようコーチ」は、睡眠の健康についてのトレーニングを受けた販売・カスタマーサービス担当者です。睡眠の健康、睡眠障害、睡眠の改善に役立つ製品等、睡眠に関する一般的な情報を提供できますが、資格を持つ医療専門家ではないため、医学的なアドバイスを提供することはできません。何らかの症状や懸念事項がある場合には、ご自身のご判断で、引き続き医師にご相談されてもよいかもしれません。

参考引用

記事を読む

暑くて眠れない? 暑い夜に眠るための16のヒント

夏の暑さでよく眠れなくなっていませんか? 暑くてべたつく夜を涼しく過ごすためのヒントとコツを知り、すっきり元気に目覚めるように整えていきましょう。 夏は屋外で遊んだり、友人と集まったりするのに最適な季

Read More »

CPAPマスクの 空気漏れを防ぐには

CPAPの使用者であれば、一度はマスクからの空気漏れを経験したことがあるでしょう。 これは治療の結果に影響を与える可能性があるだけでなく、音が大きくなるため、夜間に(パートナーや家族も)目覚めてしまう

Read More »

スマホ使用でゾンビになる?

朝はスマホのアラームで起きていますか? 起きてすぐ、スマホでお知らせやメッセージを確認しますか? 夜は寝る直前までスマホを見ていますか? 上記に当てはまる人の睡眠は悪い影響を受け、その結果、日中のエネ

Read More »